Image by Dong Cheng

 NEWS

​お知らせ

Untitled.png


カッターナイフの使い方


習わないカッターナイフ


突然ですがカッターナイフの使い方を学校で教わった記憶のある方はいらっしゃいますか?

肌感としての見解ですが、おそらく授業でカッターナイフを取り扱うか否かは学校によってまちまちのようです。ハサミはかなり小さい時(幼稚園くらい?)から「お道具箱」の中に入っていたように思いますし、私も親から教わった記憶があります。ところがカッターナイフとなると…?

絵画教室に来てくださっている生徒さんに聞いても、学校でカッターの使い方を教えてもらった人は非常に稀でした。では、私たちはカッターナイフの使い方をいつ、誰に教わったのでしょうか。



カッターナイフは危険なのか


小さい頃にカッターナイフを使わせない理由はおおよそ想像がつきます。ハサミに比べカッターナイフは切れ味が鋭く、歯も脆いため、小さなお子様に持たせると危険、という判断ですね。刃物なので、取り扱いには注意が必要ですが、包丁や彫刻刀は授業でも扱うので、カッターナイフもしっかり使い方を教えてあげればよいのでは?というのが私の見解です。

ちなみに私は小学校3年くらいのとき、競技用の紙飛行機作りにハマった時期があり、その時に使いまくりました。その紙飛行機の本に手順が詳しく掲載されていたので、見よう見まねで試していたのかもしれません。

大人になってもカッターを使ったことのない人のカッターを使う手元を見ていると、かなり不安になるものです。とはいえ、難しい技術ではないので、経験者の元で数分でも手ほどきを受ければ充分です。



習わぬなら、

習ってしまおうホトトギス


今までも絵画教室では少しは使っていたのですが、当然の事ながら習っていない子供たちにとって、紙を切るために使いやすいのはハサミですので、自分で選ばせるとハサミを使用してしまいます。そこで、今回の絵画教室ではカッターナイフを積極的に使った課題にしてみました。いつかはやってみたいと思っていた課題のひとつです。(ちなみにハサミの使い方もおさらいできたらいいな、とは思っております)。幸いにして当絵画教室はマンツーマンの少人数制なので、生徒さんの手元を先生がしっかり注視することができます。大人の方も、これを機に「カッターナイフを使える人」にランクアップしてみてはどうでしょう(笑)。


具体的な使用ポイント

刃の前に指を置かない


基本にして全て、安全上の注意はこれに尽きます。うっかりやりがちなのが、物差しを支えている手の指先が、物差しよりも飛び出てしまう時。勢いよく刃を進ませた結果は想像したくありません。本当に注意が必要です。





方向転換は最小限に


なかなかの大きさですので、手は抜けません。大枠としては地図ソフトの3D機能を使ってガイドとしたのですが、完成したイラストは、実際の地形とはかなり違っています。というのも、そのままバードビューで描くと、思いのほか海の面積が多く、陸地(施設)がこじんまりと見えるのです。そこで、各人工島を拡大し、マップの中が楽しい空間になるように工夫しました。ここで難しかったのが「ゆりかもめ」です。ご存知「ゆりかもめ」は各陸地を結ぶモノレールで、お台場を楽しむにはこの路線が重要ですので、人工島の拡大によってずれてはいけません。


紙の方を動かす


特にデザインナイフなどのカッターナイフを使うシーンでは、上下左右に複雑な形を切り抜く場合が多いでしょう。この時はカッターの刃の向きを手首や指先で変えるのではなく、紙の方を動かして、カッターナイフ自体はあまり動かさないようにするのがセオリーです。こうすることで、刃に均一に力が入り、切り口がきれいになります。刃欠けも予防できます。



カッターナイフは紙を加工する上では切っても切り離せない道具です(カッターだけに)。


 


永代を楽しむサイト 「永代みたい」をもっとみたい!

→公式サイトはこちら




巽橋を工事中!


昨年7月より会社のそばの巽橋の工事が行われています。現在は車両は迂回しなければいけなかったり、ちょっと不便に思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?来年の今頃には完成しているかも…。筆者は実はまだ工事中の巽橋しか見たことがありません(笑)屋形船が通る様子を見れるのを心待ちにしています。新しくなった橋を早く渡ってみたいですね!

 こいのぼりが橋を彩る5月。         迂回路の案内板。

 いつもの風景が楽しくなりますね。     もうすこしの辛抱です。




↓↓ Instagramはこちらから♪ ↓↓

https://www.instagram.com/eitai_tokyo/


 


デザイン絵画教室がひらくだより




5月の課題

「切り絵カード


今月の課題は母の日のプレゼントにもぴったりな、切り絵カード ! 今回は細かい切り抜き作業が得意なデザインナイフを使いました。この切り抜き作業がなかなか大変 ! 苦戦したあとはパステルでグラデーション作り。色選びには本当に個性が出て、みんな思い思いに色をつけてくれました ! 最後に切り抜いたカードとグラデーション を合わせてみたときは感動 ! 今回もいろんなアイディアが飛び出して、こちらもとても楽しませてもらいました。






 


●最近のできごとぽろぽろ


千と希、1周年!


「千と希の設計図」、2021年5月から始まり、おかげさまで1年以上続いています ! 制作現場の様子や絵画教室、永代のニュースをこれからもお届けしていきますのでお楽しみに !





新入社員が仲間入り


4月と5月から新入社員として仲間に加わったのが写真の2人 ! 記事を書いているのは5月に加わりました新入社員の山本です(写真左)。気合十分 ! これから精一杯がんばります ! どうぞよろしくお願いいたします。




似顔絵イラスト勢揃い!


こちらのイラスト、新入社員2人も描いてもらい、感激 !(下段2人)こういうイラストがさらっと描けてしまう先輩、さすがです !

ほかにも、メンバーそれぞれ特技を持っています。





商品の容量、測ってます


カタログに掲載するコーヒーの容量を計測しました。お客様から情報をいただくことが多いのですが、ときには私たちで作業することも。このあとカップの中にどのくらい水が入るかも計測しました。




 

■スタッフの声■

朝から暑い日が続いていますね。永代付近も緑がいっぱいで初夏の陽気を感じてきました。体調に気をつけて日々過ごしていきたいと思います! (佐久間)


 

「千と希の設計図」バックナンバーはこちら!


>> 記事一覧



2022年

12月号

11月号

​10月号

9月号

8月号

7月号



2021年





江東区観光協会さまのブース内パネル作成しました !

古今城東 ! 江東区の魅力MAX !



知られているが 知られていない区


サウザンドデザインの事務所は江東区に移転してもう10年近くになりますが、江東区の奥深さに驚かされる今日この頃です。


江東区観光協会さまのお仕事


スタートは「えいたいみたい」でした。「えいたいみたい(eitai.tokyo)」は当社独自のプロジェクトとして行っている江東区永代のみに特化した地域紹介サイトです。カテゴリーとしては観光に入るので、江東区の観光の一端を担えないかと思い、江東区観光協会さまの会員として登録しました。ちょうど「えいたいみたい」のサイトでは、永代町のイラストマップを完成させたところでしたので、永代も他の地域と肩を並べられるくらいの「箔」でアピールできるかな、という期待もありました。



江東区ベイサイドイラストマップ


そんな折、江東区観光協会さまからお声がけをいただきました。お台場(正確には東京湾に面した江東区の施設およびベイサイト一帯)の紹介をするために、イラストマップを描いてみないか、というご依頼です。具体的には、3月に開催される「イベント名」の出展ブースに展示するためのパネル、タペストリーの制作でした。





 江東区のウォーターフロントを描いたイラストマップ。実際にこれをみて移動するためのマップというより、地域の魅力引き出すことに注力しています。




ピックアップした施設には  

個別のイラストを添えました。▶︎






横幅1.5mの巨大マップ


なかなかの大きさですので、手は抜けません。大枠としては地図ソフトの3D機能を使ってガイドとしたのですが、完成したイラストは、実際の地形とはかなり違っています。というのも、そのままバードビューで描くと、思いのほか海の面積が多く、陸地(施設)がこじんまりと見えるのです。そこで、各人工島を拡大し、マップの中が楽しい空間になるように工夫しました。ここで難しかったのが「ゆりかもめ」です。ご存知「ゆりかもめ」は各陸地を結ぶモノレールで、お台場を楽しむにはこの路線が重要ですので、人工島の拡大によってずれてはいけません。



エリアごとの分業


ヴィーナスフォート(故)、船の科学館、ビッグサイトなど、およそ5分割して担当エリアを決めました。もちろんエリアごとにタッチが変わってはいけないので、千の太さ、色、密度感などのルールを決め、最終的に一人がまとめる、といった具合に進行しました。ガイドは地図ソフトですが、実際の様子は様々なサイトを参考にし、おかしく見えないようにディテールを加えます。




総製作時間約18時間


正確に計ったわけではないのですが、およそそれくらいかと思います。液晶ペンタブレットも大活躍でした。こういった案件では、実際に「ペンで絵を描く」といった技術があることが、大きなアドバンテージになりますね。立ち並ぶビルの複雑さ、その面積の多さに怖気付きそうでしたが、無事に完成できてよかったです。もし、このようなマップを作成する際には、ぜひご指名ください。



◀︎鉛筆の下絵をもとに 

ペンタブレットで仕上げています。






 


永代を楽しむサイト 「永代みたい」をもっとみたい!

→公式サイトはこちら




永代「雪ギャラリー」いかがでしたか?


短期間ではありましたが、えいたいみたい公式インスタグラムにて「雪ギャラリー」を開催しました。前回開催した「夕焼けギャラリー」では永代の夕陽をクローズアップしましたが、今回は永代の雪景色を投稿してまいりました。楽しんでいただけたでしょうか?

今年は例年よりも雪が降り、永代も雪景色につつまれました。建物や川などが灰色みを帯びて、少し寂しげな雰囲気。その中で、カラフルな公園の遊具や花などがパッと目を引いて、いつもと同じ景色でも少し非日常感がありますね。今月の千と希では、これまでの投稿写真をご紹介したいと思います。

前回の夕焼けと比べて、今回の雪景色は〝永代ならでは〟をカメラにおさめるのが少し難しかったように感じました。しかし、隅田川を挟んで見えるかすんだビル群や永代橋の写真などはかなり〝らしさ〟を捉えることが出来たのではないでしょうか?



見てくださったみなさま、〝いいね〟などの反応をくださったみなさま、ありがとうございました。まだ未定ではありますが、また何かしらのギャラリー企画を開催できたらと思っています。えいたいみたい公式インスタグラム、今後も要チェックです♪


この「えいたいみたい」の企画が、見た方達の実際に永代の街へ足を運ぶきっかけとなれば嬉しいです。



↓↓ Instagramはこちらから♪ ↓↓

https://www.instagram.com/eitai_tokyo/


 


デザイン絵画教室がひらくだより



3月の課題

「気球モビール


今月の課題はお部屋にも飾れるようなくるくる回るかわいいモビールづくり。画用紙を何枚も重ねて切ったり、角と角をぴったり合わせて折って貼ったり…。立体作品ということで細かい作業が多い中、一生懸命取り組んでくれました!今回は気球や雲などの同じモチーフで作ってもらいましたが、色画用紙の組み合わせや、そこに描くイラストや模様などで生徒さんそれぞれの個性がキラッと光りました!






 


●最近のできごとぽろぽろ


M1マック


会社のMacが1台新しくなりました✨今までのものよりも一回り小さくなりましたが、処理能力が格段にあがりました!これでお仕事がますますバリバリ進められますね!





ラッシー作り


撮影で使ったマンゴージュースに牛乳とヨーグルトを混ぜてラッシーを作りました ! 甘酸っぱくてすっきりした後味でとても美味しかったです♡撮影で使ったものも決して無駄にせず美味しくいただくのがポリシー!!




オンライン撮影


これまでは、お客さま立ち合いで撮影を行っていたのですが、今回初めてオンライン撮影を行いました。こちらがセッティングをしている間、お客さまが他の作業をしながら待っていていただけることが利点だと感じました。





手書きの筆文字に挑戦


デザイナーはパソコンだけで仕事をしていると思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、必要とあらば手書きで文字を書くこともあります ! 手書きでしか表現出来ない良さというものは今後も無くなることはないと思います。





 

■スタッフの声■

会社の階段の工事がおわったので行き来が楽になってうれしいです ! 会社近くの橋の工事が終わるのも楽しみです ! (坂田)


 

「千と希の設計図」バックナンバーはこちら!


>> 記事一覧



2022年

12月号

11月号

​10月号

9月号

8月号

7月号



2021年



​最新記事

​カテゴリー

​アーカイブ

​ソーシャルメディア

  • Facebook
  • Twitter
Untitled.png