top of page
Image by Dong Cheng

千と希の設計図 web版 2024年3月号




「絵心ないから…」とは言ってほしくない


 誰かに絵を勧めると「わたし、絵心がないから」と言って尻込みされる経験をして○十年、「絵を描く」ってマイノリティなのかな、と思う一方、自分も「水泳はいいですよ、やってみませんか」と勧められたら同じ様に「僕、運動だめだから」と言って尻込みしているだろうことも容易に想像がつきます。

 とはいえ手軽さ|大きなプールや水着などがなくとも楽しめる|では、「絵を描く」のはかなりハードルが低い様に思います。せっかくだから誰にでも楽しんでほしい。わがままな言い方をすれば、「僕が好きな遊びを一緒に楽しんでほしい」ということです(笑)。ところがかなりの確率で敬遠されてしまうのは、子供のころに絵画でいい経験をしてこなかったからなのかもしれません。学校の先生に勝手に加筆された、授業時間に完成できなくて居残りになった、友達と比べられて褒められなかったなど…。ですから、少なくとも絵が好きでも嫌いでもなかった子どもの時点で躓(つまず)かないでほしいな、と思い、絵画教室を開いています。



「絵心」は技術とセンス?


 よく聞く「絵心がある(ない)」の「絵心」とはなんでしょう。チャットGPT先生によると「絵を描く能力やセンス」だといいます。「能力」はわかりやすいと思いますが、「センス」というのが厄介なワードです。生まれ持った才能のことでしょうか。しかし、大抵は得手不得手だったり好みだったりのことを指しているようにも思います。例えば「語学のセンス」「運動のセンス」などは、才能よりも得意かどうか、という感覚ではないでしょうか。問題は「センスがないとやる資格がない」と思っていることです。



センスのないやつはやるべきではない?


 この「センスがなければやめておけ」は特に芸術の分野において強力のようで、音楽センスがない人は楽器に触ることも許されない、絵のセンスのない人は筆に触る資格もない、と思われている節がある…というのは言い過ぎでしょうか?「絵のセンスのないこの俺が絵画教室に通うなんて恥ずかしい」といった心の声、「え〜、センスのかけらもないお前が絵画教室通ってんの?(恥を知れ)」といった知人の想像の声…

 このセンスを「生まれ持った才能」「努力では手に入れられないもの」と定義付けてしまうと、とたんに生きる幅が狭まります。絵のセンスは絵にちょっとずつ触れることでどんどん進化し、身についていきます。そしてその過程は思っているより楽しくて、誰にでも味わえる楽しみの一つなのだと思っています。全員がプロを目指すわけではありませんので、心のハードルを下げ、「恥を知れ感」を払拭してみましょう。



清澄白河教室さりげなくスタート


 ということで、清澄白河教室が4月にオープンします。キャリアパスさんという学習塾のスペースをお借りして、毎週土曜日に開催です。その名の通りキャリアパスさんは英数国などの学科を教えるだけでなく、通う生徒さんの将来を見据えた経験の積み方を考えてくれる塾です。絵画教室も生徒さんの体験学習の一つとして快く受け入れてくださいました。場所は清澄白河駅から徒歩3分(最寄りの出口から)の好立地で、通りに面していながら静かな場所ですので、門前仲町よりも行きやすい方も多いので

はないでしょうか。3月の23日にプレオープンが決定しました。既に予約も入っていまして、期待されているのが嬉しい限りです。今後地域の方々にもお知らせしていこうと思っています。



素敵な先生たち


 この清澄白河教室の開校にむけて、2月から新しい先生を迎え、研修に入っています。既にお会いした方もいらっしゃるかもしれませんね。2名の新しい先生はいずれも有名美大を卒業し、絵を生業としている画家です。研修では「デザイン事務所がひらく絵画教室」の今までのプログラムや教育方針などを学んでもらっていますので、他の先生と同じような距離感ですぐに始められます。なにより人柄が優しいので、ぜひ予約してみてください。先生たちは門前仲町と清澄白河でローテーションを組む予定ですので、Webに掲載いたします。

 清澄白河教室では、門前仲町と同じようにマンツーマンレッスンを行い、デジタルも同様に学ぶことができます。毎週大人も子供も好きな時間にご予約できますので、今まで日程が合わなかった方も選択肢が増えるのではないかと思います。



グループレッスンの良さ


 清澄白河教室では、「グループレッスン」もスタートします。グループレッスンの特長は、なにより他の方々の作品を間近で見れる、ということです。これは頭で想像しているよりずっと良い勉強で、悩んでいる箇所、選ぶ色、構図など、作っている過程を見ることができるので、先生からのインプットに

加え、多くの体験ができます。画材の貸し借りやちょっとしたコミュニケーションから、人間関係も広がりますので、特にお子様の成長にはおすすめの環境です。



みんなでお絵描きイベント「もりもり」


 グループレッスンを始めようと思ったのは、取りも直さずこの「もりもり」のイベントがあったからです。3回目を迎えるこのイベントは、普段マンツーマンでしかレッスンをしてこなかった当絵画教室で、唯一みんなで一緒に絵を描く機会でした。参加された方の感想でも、「みんなでやって楽しかった」「友達ができた」「他の人の作品が見れてよかった」といったもので、(採算度外視なイベントではありますが)次からもやっていこうと思いました。3月の2かおうしつ







 

ぬり絵コンテスト2024

素敵な作品が集まってきました!


締め切りが迫り、続々と作品が集まってきました ! どれも個性豊かで気合いの入っ

た作品で、今からすでに審査が難しそうです ! まだまだ間に合いますので、下記の

QRコードからぬり絵に挑戦してみてください。みなさまからのご応募を楽しみにお

待ちしています ! 写真を撮ってWEB応募も可能です !









 


永代を楽しむサイト 「永代みたい」をもっとみたい!






永代にも春がきた!


ようやく暖かい日がでてきまし

た。永代公園や福島橋付近では

たくさんの梅が咲いています。

3月末には大横川の雄大な桜並

木も咲いてくるはずです !





↓↓ 永代の日常Instagram更新中♪ ↓↓


 


●永代グッズの専門店「ei+ai」






↓↓ Instagram更新中♪ ↓↓



 



デザイン絵画教室がひらくだより




2月の課題

「カーペットアート




今月はちぎったキッチンペーパーに色を付けて、まるでカーペットのような見た目の作品を作りました !1つ1つ貼り付ける工程は少し大変だったかと思いますが、鮮やかで楽しい雰囲気に仕上げてくれました !






緑とオレンジの背景が目を引きます !

はしゃいでいるような表情が素敵です !




堂々としたトリケラトプスがかっこいい !

難しいモチーフですが、きれいに形がとれています !




青空と、向日葵の黄色の色合いがすてき !

オシャレな作品です。





ころんとしたスイカが美味しそう !

よく見ると目がついているところがポイント !




UMAのモスマンを作ってくれました !

UFOの中にも人影があり、遊び心満載です !




背景がカラフルで明るい気持ちになる作品です。

ちょこんとしたクマちゃんもかわいい !





パステルカラーでかわいい作品です♡

キラキラも上手に表現できています !






辰に乗るクマちゃんを作ってくれました !

ストーリー性があってワクワクします !




デザイン絵画教室がひらくだより〜大人編〜



大人クラスでは、好きなモチーフを好きな画材で描いたり、基礎から学んだり、お子さまと一緒に参加されたりなど、一人一人に合った授業を行っています。




風景や小物などお好きなものをデッサンできます。

逆光の表現や、練り消しを使った光の表現が綺麗です!




大人クラスでは親子での参加も大歓迎です !そ れぞれ温かみがあり、素敵な作品です。






デジタルでオリジナルキャラクターを描いてくれました。スタイリッシュでお洒落です !



 


●最近のできごとぽろぽろ


着々と進準備


清澄白河教室オープンに向けて準備を進めています。デジタル授業で使うiPadも届き、設定やフィルム貼りをしました。画材や看板も揃い、わくわくしています !




POPをリニューアル


雑多に置かれていたチラシ類をきちんと紹介するべく ぬり絵コンテスト2024POPを更新 ! スタッフ中村はかわいくてフォントのような字を書きます。絵画教室内のラックにもご注目 !




水彩画模索中


誰もが水彩画を上手に描けるやり方を研究中です。ようやく形になってきたので、もう少しでみなさんと共有できるかもしれません。乞うご期待 !






●杉並みんなの食堂レポート


2月6日

「八宝菜丼」


今月は野菜たっぷりの八宝菜丼 ! そして今回はバーモントカレーやビスコのご寄付をいただきました。ビスコは大人にも子供にも大人気 ! 食後も団欒したり遊んだり、リラックスした笑顔がたくさん見られました。




 

■スタッフの声■

塗り絵コンテストやもりもりなど、企画にも気合を入れて頑張ります!( 中村)


 

「千と希の設計図」バックナンバーはこちら!


>> 記事一覧



2024年




2023年


2022年



2021年



댓글


 PROFESSIONALISM

​こだわり