top of page
Image by Dong Cheng

千と希の設計図 web版 2021年10月号



文部科学省後援OFT色彩検定に挑戦


色彩検定をご存知でしょうか。その名の通り、色に関する幅広い知識や技能を問う検定試験です。文部科学省が後援になっていて、3級から1級まであり、基本的な言葉の定義から認識する人間の目の

仕組み、色の構造や組み合わせについて、広く学ぶことができます。最近はユニバーサルデザインのためのUC級というのができました。



資格を取ってもデザインはうまくならない


これは多くの資格試験に言えることですが、殊デザインにおいては、たとえ色彩検定の1級を取得したとしても、デザインを生み出す能力が格段に上がるわけではありません。就職で有利になることもほぼないと思います。ただ、色彩検定を通して色を体系的に勉強することが、自分や他人のデザインを理解したり、説明したりする際に役に立ちます。今回は全スタッフに受験してもらうことにしました。1級は試験期間が2日に及ぶことと、内容が色に特化しすぎて普段のデザイン業務からむしろ離れていくように思えたため、2級に設定しました。試験日は11月の中旬です。すでにスタッフにはテキストが配られ、着々と勉強中のはず…!




「今3級を持っていて、大学時代も授業で色彩学はあったのですが、もうほとんど覚えてないので一から勉強頑張ります。個人的にもより知識を深めたい分野だったので、デザインの仕事や絵画教室でアドバイスするときに役立てたいです。(坂田)」


「今回初めて色彩検定に挑戦します。過去の問題集を見たとき、ほぼ聞き慣れない言葉や細かい知識ばかりでした。色ってこんなに奥深いのかと思いつつ、さらにファッションなど別業界の言葉も書いてあったので、大丈夫かな…難しそう…と感じていました。

ですが、もともと色の仕組みや組み合わせに関しては興味があったので、楽しみつつ知識を取り入れながら勉強に励んでいきたいです。いずれかは色彩検定で学んだ知識を仕事や日常のどこかでいかせられるといいなと思っています。(佐久間)」


「色彩検定を受けるのは初めてなので正直不安ですが、元々気になっていたのでこのような機会を会社で頂けることがとても有り難いです ! 今回試験を受ける事で、その勉強がデザインの役に立つというのはもちろんですが、最近はパーソナルカラーやイメージコンサルタントなどが流行りなのでそういった面にも繋げられたら良いなと思っています。(佐藤)」


「学生の時に色彩検定3級を受けたのですがほとんど覚えておらず…。記憶力にはあまり自信がありませんが、がんばって勉強して合格したいです ! 色彩についての知識を深めて今後のお仕事や日常生活にも役立てていこうと思います。(中村)」


「2級は持っているので、今回新しいUC級にトライしたいと思います。これは色についてハンディキャップのある方や、加齢による見え方の違いなどを学べるので、かなり実践的な内容だと思っています。受かるかって?そりゃあもちろん !(太田垣)」



 

色のもつ世界観


先日、あるクライアントから会社案内のリニューアルをしたい、ということでご依頼をいただきました。特に表紙は全部作り替えたい、とのことで、既にある他社のものをサンプルにいただき、このような感じにしてほしい、というご依頼でした。それが左のような色味のもの。全体的に淡めのトーンで作られ、繊細で未来的なイメージです。さっそくそれに沿って作り始めました。






信頼感を持ってもらう会社案内にはよく使われる色合いです。▲