Image by Dong Cheng

千と希の設計図 web版 2022年5月号



江東区観光協会さまのブース内パネル作成しました !

古今城東 ! 江東区の魅力MAX !



知られているが 知られていない区


サウザンドデザインの事務所は江東区に移転してもう10年近くになりますが、江東区の奥深さに驚かされる今日この頃です。


江東区観光協会さまのお仕事


スタートは「えいたいみたい」でした。「えいたいみたい(eitai.tokyo)」は当社独自のプロジェクトとして行っている江東区永代のみに特化した地域紹介サイトです。カテゴリーとしては観光に入るので、江東区の観光の一端を担えないかと思い、江東区観光協会さまの会員として登録しました。ちょうど「えいたいみたい」のサイトでは、永代町のイラストマップを完成させたところでしたので、永代も他の地域と肩を並べられるくらいの「箔」でアピールできるかな、という期待もありました。



江東区ベイサイドイラストマップ


そんな折、江東区観光協会さまからお声がけをいただきました。お台場(正確には東京湾に面した江東区の施設およびベイサイト一帯)の紹介をするために、イラストマップを描いてみないか、というご依頼です。具体的には、3月に開催される「イベント名」の出展ブースに展示するためのパネル、タペストリーの制作でした。





 江東区のウォーターフロントを描いたイラストマップ。実際にこれをみて移動するためのマップというより、地域の魅力引き出すことに注力しています。




ピックアップした施設には  

個別のイラストを添えました。▶︎






横幅1.5mの巨大マップ


なかなかの大きさですので、手は抜けません。大枠としては地図ソフトの3D機能を使ってガイドとしたのですが、完成したイラストは、実際の地形とはかなり違っています。というのも、そのままバードビューで描くと、思いのほか海の面積が多く、陸地(施設)がこじんまりと見えるのです。そこで、各人工島を拡大し、マップの中が楽しい空間になるように工夫しました。ここで難しかったのが「ゆりかもめ」です。ご存知「ゆりかもめ」は各陸地を結ぶモノレールで、お台場を楽しむにはこの路線が重要ですので、人工島の拡大によってずれてはいけません。



エリアごとの分業


ヴィーナスフォート(故)、船の科学館、ビッグサイトなど、およそ5分割して担当エリアを決めました。もちろんエリアごとにタッチが変わってはいけないので、千の太さ、色、密度感などのルールを決め、最終的に一人がまとめる、といった具合に進行しました。ガイドは地図ソフトですが、実際の様子は様々なサイトを参考にし、おかしく見えないようにディテールを加えます。




総製作時間約18時間


正確に計ったわけではないのですが、およそそれくらいかと思います。液晶ペンタブレットも大活躍でした。こういった案件では、実際に「ペンで絵を描く」といった技術があることが、大きなアドバンテージになりますね。立ち並ぶビルの複雑さ、その面積の多さに怖気付きそうでしたが、無事に完成できてよかったです。もし、このようなマップを作成する際には、ぜひご指名ください。



◀︎鉛筆の下絵をもとに 

ペンタブレットで仕上げています。






 


永代を楽しむサイト 「永代みたい」をもっとみたい!

→公式サイトはこちら




永代「雪ギャラリー」いかがでしたか?


短期間ではありましたが、えいたいみたい公式インスタグラムにて「雪ギャラリー」を開催しました。前回開催した「夕焼けギャラリー」では永代の夕陽をクローズアップしましたが、今回は永代の雪景色を投稿してまいりました。楽しんでいただけたでしょうか?

今年は例年よりも雪が降り、永代も雪景色につつまれました。建物や川などが灰色みを帯びて、少し寂しげな雰囲気。その中で、カラフルな公園の遊具や花などがパッと目を引いて、いつもと同じ景色でも少し非日常感がありますね。今月の千と希では、これまでの投稿写真をご紹介したいと思います。

前回の夕焼けと比べて、今回の雪景色は〝永代ならでは〟をカメラにおさめるのが少し難しかったように感じました。しかし、隅田川を挟んで見えるかすんだビル群や永代橋の写真などはかなり〝らしさ〟を捉えることが出来たのではないでしょうか?



見てくださったみなさま、〝いいね〟などの反応をくださったみなさま、ありがとうございました。まだ未定ではありますが、また何かしらのギャラリー企画を開催できたらと思っています。えいたいみたい公式インスタグラム、今後も要チェックです♪


この「えいたいみたい」の企画が、見た方達の実際に永代の街へ足を運ぶきっかけとなれば嬉しいです。



↓↓ Instagramはこちらから♪ ↓↓

https://www.instagram.com/eitai_tokyo/


 


デザイン絵画教室がひらくだより



3月の課題

「気球モビール


今月の課題はお部屋にも飾れるようなくるくる回るかわいいモビールづくり。画用紙を何枚も重ねて切ったり、角と角をぴったり合わせて折って貼ったり…。立体作品ということで細かい作業が多い中、一生懸命取り組んでくれました!今回は気球や雲などの同じモチーフで作ってもらいましたが、色画用紙の組み合わせや、そこに描くイラストや模様などで生徒さんそれぞれの個性がキラッと光りました!






 


●最近のできごとぽろぽろ


M1マック


会社のMacが1台新しくなりました✨今までのものよりも一回り小さくなりましたが、処理能力が格段にあがりました!これでお仕事がますますバリバリ進められますね!





ラッシー作り


撮影で使ったマンゴージュースに牛乳とヨーグルトを混ぜてラッシーを作りました ! 甘酸っぱくてすっきりした後味でとても美味しかったです♡撮影で使ったものも決して無駄にせず美味しくいただくのがポリシー!!




オンライン撮影


これまでは、お客さま立ち合いで撮影を行っていたのですが、今回初めてオンライン撮影を行いました。こちらがセッティングをしている間、お客さまが他の作業をしながら待っていていただけることが利点だと感じました。





手書きの筆文字に挑戦


デザイナーはパソコンだけで仕事をしていると思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、必要とあらば手書きで文字を書くこともあります ! 手書きでしか表現出来ない良さというものは今後も無くなることはないと思います。





 

■スタッフの声■

会社の階段の工事がおわったので行き来が楽になってうれしいです ! 会社近くの橋の工事が終わるのも楽しみです ! (坂田)


 

「千と希の設計図」バックナンバーはこちら!


>> 記事一覧



2022年

12月号

11月号

​10月号

9月号

8月号

7月号



2021年



 PROFESSIONALISM

​こだわり